黒い歯石がついていたら、かなり危険です!

黒い歯石

お口をのぞいてみると、白い塊の歯石がついていることがあります。歯肉炎の初期でも、歯石がつくことがあるので、白い塊の歯石が歯周病に直結しないこともあります。

しかし、もし口の中をみて、歯の周りに黒い海苔のようや塊がついていたら、それは黒い歯石かもしれません。

今回は白い歯石と黒い歯石の違いについてご説明します。

白い歯石の原因は主に、歯の周りについた汚れ、プラークと、唾液です。プラークに唾液のミネラル成分が沈着することで、固くなったものが、白い歯石となります。

唾液の成分が沈着するということは、歯の上で、なおかつ歯茎の上に、プラークがあるということを意味します。つまり、歯石が歯茎の上にあるので、まだ、歯周病の進行がそこまで、進んでおらず、歯茎もそこまで下がっていない場合が多いです。

もちろん、すでに歯茎がかなり下がっている場合でも、白い歯石はつきますので、安心していいというわけではありませんので、注意してください。

白い塊の歯石よりも、さらに深刻な状態を表しているのが黒い歯石となります。

黒い歯石は歯の汚れプラークに血液中のミネラルが沈着しています。血はどこからでるのかというと歯茎です。つまり、歯の汚れ、プラークが歯と歯茎の間にあるということを意味します。

歯との歯茎の間に汚れがたまるということは、歯周ポケットが深くなっており、歯を支える骨がすでに破壊されています。

つまり、黒い歯石がついている時点で歯周病であることがわかります。その黒い歯石が口の中で見えているのは、歯周病がかなり進行して、歯を支える骨が破壊されてしまって、歯茎が相当下がってしまったからです。

黒い歯石がついている歯は、歯周病が相当進行してしまっています。歯に黒い塊がついていたら、すぐに歯医者さんに行って、歯周病の治療を受けてください。

最悪の場合、歯を支える骨が破壊されているため、歯を抜く必要がある場合もあります。

口の中を覗いてみて、黒い海苔のような塊があったら、歯ブラシで磨いてみてください。おそらくとれません。歯石は歯にこびりついているため、専用の器具でないと除去することができません。

なかなか取れない白い塊、黒い塊があったらそれは歯石です。すぐに歯医者さんに行って歯石除去さてもらってください。

口の中をのぞいたときに、黒い塊があれば、かなり歯周病が進行していますから、早く歯医者さんに行って、治療を受けましょう。

スポンサーリンク
広告
広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加